都道府県民共済への加入を検討する際の医療保障や死亡保障の目安について、解説します。

入院日額の目安

入院した場合に都道府県民共済から支払われる、入院共済金の1日あたりの金額(日額)の目安は、5,000円~10,000円程度が妥当だと思います。

詳しくはこちら

入院時の保障日数の目安

最近は、入院日数が短くなっていることに合わせて、入院した場合の保障日数の限度を90日や60日などと短くすることにより、保険料を安くした医療保険や入院特約も販売されています。

詳しくはこちら

高額療養費とは

高額療養費とは、医療機関や薬局の窓口で支払った金額(医療費)が、1ヶ月(月の初めから終わりまで)の上限額を超えた場合に、返還される金額のことです。

詳しくはこちら

傷病手当金とは

傷病手当金は、健康保険の被保険者が病気やケガのために会社を休み事業主から十分な報酬を受けられない場合に、被保険者とその家族の生活を保障するために、健康保険から支給されるものです。

詳しくはこちら

通院特約は必要?

一般の生命保険に付加されている通院特約は、「入院した後の通院」を保障する特約です。

詳しくはこちら

こども医療費助成制度とは

「こども医療費助成制度」とは、ケガや病院でこどもが治療を受けた際に、病院に支払う医療費を自治体(市区町村)が助成する制度です。

詳しくはこちら

保険の目安となる必要保障額

必要保障額とは、世帯主に万一のことが起きた場合に、残された遺族が生活していくために必要な資金のことです。

詳しくはこちら

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、住宅ローンを利用して住宅購入資金の借り入れを行う際に加入する生命保険です。

詳しくはこちら

遺族年金の試算方法

遺族年金とは、国民年金や厚生年金、共済年金に加入している被保険者が亡くなった場合に、その遺族に支給される年金のことです。

詳しくはこちら