保険会社に20年以上勤務し、特に営業所長として多くのお客様にお会いして感じたことが、必要な保障額とは関係なく保険に加入している方、保障内容が重複しているために余分な保険料を払っている方が、とても多いということでした。

多額の保険料を払うことにより、現実の生活が厳しくなっているように見受けられる方もいました。

病気になった場合など、万一のことを考え始めたらきりがないと思います。

健康保険などの仕組みをよく理解したうえで、自分に本当に必要な保障を準備したら、あとはむしろ病気にならないために、スポーツクラブに加入して運動したり、温泉に行って心身ともにリフレッシュすることなどに、お金をかけたほうが幸せな人生を送れるのではないでしょうか。

また、平均寿命が年々延びていることを考えると、保険を見直して削減できた保険料を、長生きした場合のリスク(老後の生活費の不足)に備えて、貯蓄してもよいと思います。

このサイトでは、自分の保険を見直した時の経験を踏まえて、代表的な共済である都道府県民共済、全労済、COOP共済、JA共済の比較を行い、各共済の中でも最もリーズナブルな都道府県民共済を活用した保険の見直し方法をご紹介します。