木造住宅等の火災共済の加入限度額の引き上げ

都道府県民共済の火災共済は、物件所在地の県により木造住宅等の1坪当たりの加入限度額が60万円と70万円の2つの区分(鉄筋コンクリート造は70万円の1区分)に分かれていましたが、平成30年4月1日の制度改善により、70万円に統一されました。

具体的には、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫の各県民共済、都民共済、府民共済は、従来から木造住宅等の1坪当たりの加入限度額が70万円でした。

上記以外の県民共済、道民共済は、これまで木造住宅等の1坪当たりの加入限度額は60万で円した。

坪数に応じた加入限度額は以下の通りです。

総坪数 加入限度額
~平成30年3月31日 平成30年4月1日~
1坪
(3.3㎡)
60万 70万
5坪
(16.5㎡)
300万 350万
10坪
(33㎡)
600万 700万
15坪
(49.5㎡)
900万 1,050万
20坪
(66㎡)
1,200万 1,400万
25坪
(82.5㎡)
1,500万 1,750万
30坪
(99㎡)
1,800万 2,100万
35坪
(115.5㎡)
2,100万 2,450万
40坪
(132㎡)
2,400万 2,800万
45坪
(148.5㎡)
2,700万 3,150万
50坪
(165㎡)
3,000万 3,500万
55坪
(165㎡)
3,300万 3,850万
60坪
(198㎡)
3,600万 4,000万
67坪以上
(221.1㎡)
4,000万 4,000万

なお、木造等の住宅の保障額に対する掛金(10万円当たり月払い7円、年払い80円)および住宅1棟の加入限度額4,000万円は変更ありません。

木造等の住宅の加入限度額の引き上げは、新たに火災共済に加入する場合だけでなく、既に火災共済に加入している場合も適用されます。

既に火災共済に加入していて、加入限度額を引き上げる場合は変更手続きが必要になりますので、住まいの都道府県民共済へお問い合わせください。

火災共済の掛金早見表