手術共済金は、入院をしないで手術だけを受けた場合でも支払われます。

手術共済金は、入院をして手術を受けた場合にのみ対象になると誤解している方も多いようです。

手術共済金がいくら支払われるかは約款に定められていて、手術の内容に応じて所定の金額が支払われます。

例えば、都道府県民共済の医療1型特約(1,000円)は手術の種類に応じて、5万、10万、20万のいずれかの手術共済金が支払われます。

また、都道府県民共済の医療保険「入院保障2型」(2,000円)は、手術の種類に応じて、2.5万、5万、10万のいずれかの手術共済金が支払われます。

なお、すべての手術に対して手術共済金が支払われるわけではなく、診療報酬点数が1400点以上の手術に対して、手術共済金が支払われます。

特定の手術が手術共済金の対象になるかどうかは、都道府県民共済に直接お問い合わください。

これまでに、入院をしないで手術だけを受けたことがあるという方も、過去にさかのぼって請求できる場合がありますので、都道府県民共済に問い合わせてみてください。