以前は、どの生命保険会社の入院特約も、1回の入院に対する入院給付金の最大支払日数は120日でした。

最近は、入院日数が短くなっていることに合わせて、入院した場合の保障日数の限度を90日や60日などと短くすることにより、保険料を安くした医療保険や入院特約も販売されています。

厚生労働省の「平成23年患者調査の概況」によると、病気による平均入院日数は34.3日ですので、病気による入院1回の保障日数の限度は60日でもいいように思えます。

年齢別の退院患者の平均入院日数

平成17年 平成20年 平成23年
全年齢 39.2日 37.4日 34.3日
0~14歳 9.7日 9.4日 8.9日
15~34歳 14.8日 14.8日 14.0日
35~64歳 35.5日 31.0日 27.3日
65~74歳 52.1日 49.0日 44.8日
75歳以上 58.2日 55.7日 44.8日

(厚生労働省「患者調査の概況」より)

しかし、「主な生活習慣病の入院受療率と平均入院日数」では、脳血管疾患(脳卒中など)の平均入院日数が90日を超えることから、入院した場合の保障日数の限度は120日程度を目安にしておいたほうが無難だと思います。

主な生活習慣病の入院受療率と平均入院日数

入院受療率
(対10万人)
平均入院日数
ガン 総数
男性
女性
120人(0.12%)
139人(0.139%)
102人(0.102%)
19.5日
19.5日
19.6日
高血圧性疾患 総数
男性
女性
6人(0.006%)
3人(0.003%)
8人(0.008%)
41.2日
35.1日
44.2日
心疾患 総数
男性
女性
46人(0.046%)
43人(0.043%)
50人(0.05%)
21.9日
14.6日
32.8日
脳血管疾患 総数
男性
女性
137人(0.137%)
121人(0.121%)
152人(0.152%)
93.6日
76.2日
112.2日

(厚生労働省「患者調査の概況」より)