都道府県民共済と全労済、COOP共済、JA共済を比較すると、都道府県民共済が1番リーズナブルです。

単身の場合、入院した時の保障と葬儀費用(200万~300万)を準備すれば良いと思います。

自分に万一のことが起きた時に親や兄弟などの身内に迷惑をかけないためにも、葬儀費用は準備しておいた方が良いと思います。

都道府県民共済の「総合保障2型」(2,000円)は、入院保障(病気入院:4,500円)と死亡保障(病気死亡:400万)をバランス良く準備することができます。

単身の場合は、この「総合保障2型」で十分だと思います。

入院保障をもう少し手厚くしておきたい場合は、「総合保障2型」に加えて「入院保障2型」(2,000円)に加入することをおすすめします。

「総合保障2型」に加えて「入院保障2型」に加入することで掛金が合計で4,000円になりますが、入院保障が病気で14,500円とかなり充実し、先進医療や手術を受けた場合の保障も準備できます。

総合保障2型
(18歳~60歳)
入院保障2型
(18歳~60歳)
合計
入院 ケガ 5,000円 10,000円 15,000円
病気 4,500円 10,000円 14,500円
手術 2.5・5・10万 2.5・5・10万
先進医療 1~150万 1~150万
死亡 交通
事故
1,000万 10万 1,010万
事故 800万 10万 810万
病気 400万 10万 410万
掛金 2,000円 2,000円 4,000円