世帯主に万一のことが起きる時期が10年後、20年後になれば、遺族が必要とする生活資金もそれだけ少なくなります。

収入保障保険は、遺族が必要とする生活資金(必要保障額)が毎年減少していくことに合わせて、支払われる保険金額(年金の総額)が減少していく仕組みになっています。

収入保障保険の具体例

ケース1)
世帯主の年齢:30歳
こども年齢:2歳
年金額:100万円
年金支払い期間:世帯主の年齢で80歳まで

このケースで、現在、10年後、20年後に世帯主に万一のことが起きた場合に支払われる年金の総額は、以下のようになります。

現在
(30歳)
10年後
(40歳)
20年後
(50歳)
年金支払
年数
50年
(80歳-30歳)
40年
(80歳-40歳)
30年
(80歳-50歳)
年金総額 5,000万
(100万×50年)
4,000万
(100万×40年)
3,000万
(100万×30年)

ケース1)では、こどもが成人した後の配偶者の生活資金を考慮して年金支払い期間を80歳までにしていますが、ケース2)のように年金支払い期間をこどもの大学卒業(22歳)までとして、その分年金額を増やすという方法もあります。

ケース2)
世帯主の年齢:30歳
こどもの年齢:2歳
年金額:240万円
年金支払い期間:世帯主の年齢で50歳(こどもの年齢で22歳)まで

ケース2)で、現在、10年後、20年後に世帯主に万一のことが起きた場合に支払われる年金の総額は、以下のようになります。

現在
(30歳)
10年後
(40歳)
20年後
(50歳)
年金支払
年数
20年
(50歳-30歳)
10年
(50歳-40歳)
0年
(50歳-50歳)
年金総額 4,800万
(240万×20年)
2,400万
(240万×10年)
0万
(240万×0年)

なお、一般の生命保険は、現在の保険金額(ケース1では5,000万、ケース2では4,800万)と同額の保険金額が10年後、20年後も支払われるように設計されています。

したがって、一般の生命保険に長く加入し続けると、必要以上の保険料を払い続けることになります。