出産をするときに帝王切開の手術を受けた場合、都道府県民共済は手術共済金を支払います。

自然分娩の場合は手術共済金が支払われないため、帝王切開の場合も支払われないと思っている方が多いようです。

都道府県民共済の場合、総合保障型に手術の保障が付いていないので、帝王切開などの手術の保障を準備するには、医療特約や入院保障2型に加入する必要があります。

都道府県民共済による帝王切開の手術共済金は、原則として医療特約で20万円、入院保障2型で10万円となります。(ただし、加入してから1年以内の帝王切開は対象になりません。)

入院を伴う場合、入院共済金もあわせて支払われます。

帝王切開の支払い事例

出産時に5日間入院し、帝王切開で出産した場合に支払われる共済金額を、都道府県民共済の入院保障2型(掛金2,000円)や医療特約(掛金1,000円)の加入形態毎に計算します。

医療特約は単独で加入できないので、総合保障型や入院保障2型とセットで加入します。

入院保障2型

  • 入院共済金:50,000円(10,000円×5日)
  • 手術共済金:100,000円
  • 合計:150,000円

入院保障2型+医療特約

  • 入院一時金:20,000円(医療特約)
  • 入院共済金:50,000円(10,000円×5日 入院保障2型)
  • 手術共済金:300,000円(入院保障2型100,000円+医療特約200,000円)
  • 合計:370,000円

総合保障4型+医療特約

  • 入院一時金:20,000円(医療特約)
  • 入院共済金:45,000円(9,000円×5日 総合保障4型)
  • 手術共済金:200,000円(医療特約)
  • 合計:265,000円

なお、帝王切開の場合の保障の詳細については、都道府県民共済にご照会ください。